今人気の格安スマホ

スマートフォンユーザーの「月々の高額な料金を安くしたい」という理由から近頃特に注目されるようになった格安スマホ(格安SIM)。ユーザーの使い方にもよりますが、多くの場合、大手キャリアで契約していた場合の1/3~1/4の月額料金になると言われています。大手キャリアに比べて月額料金が安いということもあり人気がありますが、具体的にどういう人に向いているのでしょうか?

格安スマホ(格安SIM)がおすすめな人

あまり電話をしない

まず第一に、電話回線を使って通話をしないユーザーですね。スマートフォンを使用しはじめてから、通話はLINEやSkypeなどを使って済ませるという方が増えています。電話回線を使った通話に比べて品質が多少落ちるという欠点はあるものの、日常使いには十分なレベル。こういうユーザーなら大手キャリアのいわゆる「カケホーダイ」プランよりも使った分だけ払う格安スマホ(格安SIM)のプランにしたほうが結果的に安上がりになります。

大手キャリアの独自サービスを使用しない

大手キャリアの契約にはいろいろな付加サービスが付属しています。例えばキャリアメール、無料通話、家族割、長期割り引きサービスなどですね。今やメールはGmailが主流になってきていますし、キャリアメールを必要とする機会なんてほとんど存在しないはず。そういう不要なサービスを利用していないなら格安スマホ(格安SIM)がオススメです。


格安スマホ(格安SIM)に重要なのがMVNO選び

MVNOというのはドコモやauなどの回線の一部を使って安くサービスを提供する会社のこと。つまり格安スマホ(格安SIM)の正体です。日本で大手キャリアと呼ばれるものがドコモ・au・ソフトバンクの3社しかないのに比べて、MVNOは非常に多く存在します。各社様々な特徴やプランが存在しますが、ここではサービス開始当初から通信速度に定評があり、ユーザー満足度も非常に高いMVNOであるUQモバイルを紹介します。

UQモバイルの特徴

UQモバイルはUQモバイルコミュニケーションズが提供する、数少ないauの回線を使ったMVNOです。ドコモの回線を使ったMVNOは数多く存在しますがauの回線を使ったMVNOはこのUQモバイルとmineo(マイネオ)だけ。またSIMフリー端末だけじゃなく、auで契約したスマートフォンを持っている方はSIMを入れ替えるだけでそのまま使うことができるのも特徴です。

とにかく通信品質に定評あり

UQモバイルの最大の特徴が通信速度の速さと安定性です。格安スマホ(SIM)は「大手キャリアの回線の一部を使う」という特性から通信速度が安定しないという問題があり、MVNO各社も随時回線増強を行うなど工夫もみられますが、限りある回線のためユーザーが増えれば遅くなったり不安定になるというのはどうしようもないことなのです。しかしながらUQモバイルは数少ないauの回線を使ったMVNOで、しかもauを運営するKDDIの直接の子会社にあたるため多くのMVNOに比べて通信品質の面で圧倒的に有利となっています。
 

実際にインターネットや雑誌による比較記事では軒並み高評価、また公式サイトによるアンケートではお客様満足度は88%超と高い人気が伺えます。auの端末を持っていなくても今は安くSIMフリー端末が購入できますので、ドコモからの移行ユーザーにもおすすめできるMVNOとなっています。

データ容量無制限のプランがある

UQモバイルにはヘビーユーザーに特におすすめのデータ容量無制限のプランがあります。速度は500kbpsに制限されるので高い料金を払ってでも高速通信を求めたいという人には向きませんが、通信量を気にしながら使わなくてはいけないスマートフォン事情に悩まされているユーザーにとってデータ容量無制限で使えるMVNOというのはまさに求めていたサービスといえるでしょう。また前述したようにUQモバイルは高い通信品質を備えているため、容量無制限のプランといえど極端な速度低下などは発生しないようです。
 

公称値が500kbpsなのにも関わらず実測値はおおむね700~800kbpsを越えているという報告も多く、これだけの速度が出ていれば通常のスマートフォンの利用範囲ではストレスを感じることもありません。また公式にテザリングにも対応していますので、多くを求めなければ家庭用回線の代用としても使えてしまうのも魅力的です。

あの特徴的なCMの女優は誰?

UQモバイルといえば数少ないau系のMVNOということもあり、どちらかというと知る人ぞ知る実力派のMVNOというイメージでしたが、最近はCMでもよく見かけるようになったのでそれで名前を知ったという方も少なくないのではないでしょうか。CMの出演者は長女の深田恭子、次女の多部未華子、三女には注目新人女優の永野芽郁という美人三姉妹に加えて、ピンクのガチャピン、ブルーのムックという不思議な組み合わせで、斬新かつ強烈な印象を与えてくれます。

mineo(マイネオ)との比較

同じau系MVNOにmineo(マイネオ)があり、こちらもなかなか評価の高いMVNOです。どちらもau系の端末であればそのままSIMを入れ替えて使うことが可能なので、auからの移行にはどちらかのMVNOを選ぼうとする方も多いと思います。ただ結論からいいますとやはりKDDIの子会社が運営するUQモバイルのほうが優れている点が多いと感じます。特徴的なものを挙げると「MVNOの中ではトップクラスに通信品質が高い」「データ無制限のプランがある」「追加オプションでキャリアメールがもらえる」などですね。一方でmineo(マイネオ)の方はUQモバイルに比べると若干安くプランも豊富という特徴がありますので、そういうプランを求めている場合はmineo(マイネオ)を選んでもいいんじゃないでしょうか。

UQモバイルの料金プランは?

大手キャリアの料金体系は多くの人にとって割高に感じられているようで、なおかつプランも複雑で分かりにくくなっています。おそらく契約したときのプランのまま割高な料金を払い続けているユーザーも多いのではないでしょうか。それと比べると格安スマホ(格安SIM)は料金プランの選択肢は多いものの、余計なオプションが少なくシンプルで分かりやすい料金体系であることがほとんどです。ということで以下にUQモバイルの料金プランと実際にかかる費用について詳しく解説していきたいと思います。

大手キャリアとの比較

UQモバイルはau系の回線を使ったMVNOなので、auの端末だと買い換えることなくそのまま移行することができます。UQモバイルは料金プランが比較的少ないMVNOのため全く同じ条件にはなりませんが、auの標準的な料金プランとの比較をしてみましょう。

  au UQモバイル
月額料金

1,700円
(スーパーカケホ、「誰でも割」適用時)

1,680円
(データ高速3GB+音声通話プラン)
データ通信料

データ定額3(3GB)

4,200円

LTE NET 300円
合計 6,200円 1,680円

いかがでしょうか、auの標準的なプランだと6,200円/月のところがUQモバイルの場合だと1,680円/月と1/4程度に抑えることができます。ただしauのスーパーカケホプランには5分以内の通話かけ放題が付属しているのに対し、UQモバイルのデータ高速+音声通話プランには無料通話が付属していません。そのため単純比較はできないのですが、スマートフォンならLINEやSkypeなどの無料通話アプリを利用すればいいだけですので、ビジネスなどで使う用途でなければ特に不自由は感じないのではないでしょうか。

スマホ端末と無料通話がセットになったプランも

また、UQモバイルにはスマートフォン端末と無料通話がセットになった月額1,980円から使えるプランも存在します。まず「おしゃべりプラン」ですが、こちらは5分以内の通話がかけ放題になるプランです。auでいうところのスーパーカケホプランに近いものですね。短い通話が多い方はこちらを選ぶといいでしょう。次に「ぴったりプラン」ですが、こちらはデータ容量に応じて無料通話がそれぞれ60分、120分、180分付属するもの。長時間の通話が多い方はこちらを選ぶといいでしょう。
 

ただしこちらのプラン、料金体系がかなり複雑になっています。端末もセット購入したい方にとっては確かにお得ではあるのですが、2年目から月額料金が上がったり3年目からデータ容量が半分になったりと(逆に言えばそこまでがキャンペーン価格なのでしょう)、分かりにくさでは大手キャリアの悪い部分を引きずっているような印象を受けます。このあたりはしっかり調べてからじゃないと逆に割高になってしまう場合もありえますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

UQモバイルでiphoneは使える?

速度に定評のあるau回線のMVNOとして人気のUQモバイルですが、Android端末ではなくiPhoneを使いたいというユーザーは多いと思います。UQモバイルでiPhoneを利用するには注意しなければならない点が存在します。参考にしてみてください。

現在公式で動作確認されているiPhone

  • iPhone 5s(UQ版)
  • iPhone SE(SIMフリー版、au/ドコモ/SB版)
  • iPhone 6(SIMフリー版、au版)
  • iPhone 6 Plus(SIMフリー版、au版)
  • iPhone 6s(SIMフリー版、au/ドコモ/SB版)
  • iPhone 6s Plus(SIMフリー版、au/ドコモ/SB版

※公式ではありませんがau版のiPhone 5、iPhone 5S、iPhone 5Cも動作確認報告がされているようです。
 

SIMフリー版以外の端末ではSIMロック解除が必要となります。SIMロック解除の手続きは各キャリアのウェブサイトまたは実店舗から可能です。あと一つ注意点として、全てのiPhoneがテザリングに対応しているわけではなく、正式に対応しているのは「au版のiPhone 6 Plus」「SIMフリー版のiPhone SE」「SIMフリー版のiPhone 6S」「SIMフリー版のiPhone 6S Plus」のみとなっています。以上のようにUQモバイルでiPhoneを使用するのは少々複雑になっているため、手持ちのiPhoneが使えるかどうかが怪しいときは公式ウェブサイトに「動作確認端末一覧」のページがありますので一度確認してみることをおすすめします。

iPhone7は使える?

まだ発売されて間もないiPhone7ですが、実はこちらもUQモバイルで使用可能です。しかしながら2017年3月現在、公式の動作確認報告一覧にまだ記載されていないため一部機能が制限される可能性はありそうです。とはいえ最新機種に対応しないということは考えられませんのでしばらくすれば正式対応すると思われますが、心配な方はもう少し待ったほうがいいかもしれません。

UQモバイルの口コミと評判まとめ!

格安スマホ(格安SIM)の中ではトップクラスの通信速度だと評判のUQモバイル。ですがユーザーの増減などによって速度低下は起きてしまうのがMVNOの常識。そこでここでは実際のユーザーの口コミを見ていきましょう。

  • UQモバイルはやはり通信速度が早いのが最大の特徴で、時間帯によってはキャリア並の速度が出るほど。安さにつられて格安SIMにしたはいいけど速度が思ったより出なくて後悔したという人はUQモバイルに乗り換えれば解決するでしょう。料金としては平均的ですが回線の速さ、安定性を考えると他のMVNOより圧倒的にコスパが高いと思います。
  • 格安SIMにしては珍しくキャリアメールがオプションで付けられます。通常のEメールアドレスから携帯にメールを送ると事前に設定をしていない限り迷惑メールに振り分けられますが、UQモバイルの場合はれっきとしたキャリアメールとして扱われるためそういう心配がありません。
  • 料金プランが少ないのが難点。一般的なMVNOだと最低でも3GB、5GB、10GBのプランくらいは存在するのですがUQモバイルの場合は3GBと容量無制限(500kbps)の2プランしかありません。とはいえ多くの人は月3GBで足りるだろうし、容量無制限(500kbps)のプランでも常時700~800kbpsくらいの速度が出ているので大半のユーザーは十分だと思うのですが、月に5GB以上を速度制限なしで使いたいという場合は他のMVNOを選ぶべきでしょう。
  • mineo(マイネオ)と悩みましたがUQモバイルにしてよかったです。速度面での不満は全くないし、サービスも他と比べて遜色ありません。容量無制限のプランを使っているのですが、動画を再生するときに多少もたつく程度でほぼストレスなしで使えています。他社の20GB~30GBのプランだと月額が倍近くになることを考えると私にはこれで十分ですね。
  • 一般的なMVNOでは高速通信をオフにすると速度が200kbpsに制限されるのですが、UQモバイルの場合は300kbpsと若干有利になっています。3GBのプランだと気を抜くとすぐに上限に達してしまうのですが、この節約モードをうまく使うことによってデータ容量も気にせずに利用することができています。

UQモバイルのメリット

  • 通信速度が早くて安定している
  • データ容量無制限のプランがある
  • オプションでキャリアメールがもらえる
  • 低速モードへの切り替えができる

やはりUQモバイルを選ぶ一番のメリットは通信速度の速さと安定性ですね。これに関して不満のある意見はほとんど見られないことからユーザー満足度の高さが伺えます。また高速通信が必要でなければ容量無制限のプランも安定していますし(他社だと無制限ゆえに不安定なことが多い)どちらのプランを選んでも後悔することはないでしょう。

UQモバイルのデメリット

  • 料金プランが少ない

UQモバイルは料金プランが3GBと容量無制限(500kbps)の2種類しか選べないというのが不満のユーザーが多いようです(※コミコミプランは除く)。しかしながら家庭にWi-Fi環境があれば3GBで十分というユーザーも多いようですし、容量無制限のプランが選べるのもUQモバイルの強みですね。逆に考えると料金プランの少なさくらいしか不満が出てこないということは他には満足しているユーザーが大半ということなのでしょう。

 

UQモバイルのお得なキャンペーン!

MVNOを契約するときに利用したいのが各種キャンペーンです。各社様々なキャンペーンを開催してユーザー獲得に励んでいますが、UQモバイルでもお得なキャンペーンを開催しています。

最大13,000円分のキャッシュバック

これは公式ウェブサイトには記載されていないのですが、キャンペーン専用ページから申し込むと最大13,000円のキャッシュバック(JCBギフトカード)がもらえるキャンペーンを開催しています。これは公式ウェブサイトからの申し込みではこのキャンペーンは利用できないので注意してください。

ぴったりプランM/L、おしゃべりプランM/L

キャンペーン中にこちらを契約すると13,000円のキャッシュバックがもらえます。通話を多用する方向けのプランとなります。

ぴったりプランS、おしゃべりプランS

こちらのプランで契約すると10,000円のキャッシュバックになります。こちらはプランM/Lと比べて安く気軽に使えるプランになっています。

データ高速+音声通話プラン

こちらは5,000円のキャッシュバックとなります。3GBのデータ通信が使える、格安スマホ(格安SIM)でみられるもっとも一般的なプランですね。データ高速プラン、データ無制限プラン、データ無制限+音声プランには適用されないので注意しましょう。

UQ学割

18歳以下限定となりますが、1年間毎月1,000円割り引き(合計12,000円分)になるキャンペーンです。公式ウェブサイトの表記は少々分かりにくいのですが、ぴったりプラン/おしゃべりプランで契約した場合2年目から月額料金が上がるのですが、それを1年目の料金で継続できるということになっています。

初期費用無料キャンペーン

公式ウェブサイトのWebフォームから対象端末・対象プランに申し込んだ場合、初期費用(送料・SIM代金・代引手数料)が無料になるキャンペーンです。対象端末は「P9 lite PREMIUM」「AQUOS L」「IDOL 4」で、対象プラン「おしゃべりプラン」のプランMまたはL、「ぴったりプラン」のプランMまたはLとなります。

UQモバイルは店舗とWEBどっちで契約すべき?

UQモバイルの契約は大きく分けて店舗での申し込みとオンラインショップでの申し込みの2通りになります。どちらで契約した方がお得なのか、ここではそれぞれのメリットや違いについて解説していきます。

店舗で申し込み

格安スマホ(格安SIM)を取り扱うMVNOは実店舗をあまり多く持たない場合があるのですが、UQモバイルの場合は実店舗も多く存在します。店舗申し込みのメリットはなんといっても即日開通ができる点に尽きます。デメリットとしては実際に出向かなくてはならない、待たされることがある、書類に手書きで記入しなくてはいけない、上位プランやオプションサービスなどのセールスをされることがある、などでしょうか。

オンラインで申し込み

個人的におすすめなのがこちらの方法。こちらのメリットは家にいながら契約ができる、待たされることがない、ウェブ契約限定のキャンペーンを受けられる、5分~10分程度で完了することができる、などですね。デメリットは即日開通ができないことくらいですが、申し込み完了からSIMが届くまで1日~3日程度なのでどちらかというとメリットの方が勝っていると思いますね。

オンライン申し込みってどうやるの?

オンラインでの契約は非常に簡単なもので、必要書類などを揃えておけば5分~10分程度で完了します。まずオンラインで契約するにあたって必要となるものは

  • メールアドレス
  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(音声プランにMNPする場合のみ)

の4点となります。MNP予約番号は現在契約中のキャリアで取得しておく必要があるので事前に用意しておきましょう。本人確認書類は画像アップロードができますので印刷しておく必要はありません。

実際に契約する場合の流れとしては
 

まずUQモバイルのウェブサイトにアクセス

自分の端末に合ったSIMサイズを選ぶ

契約方法、料金プラン、オプションサービスを選ぶ

MNP予約番号入力(データSIM契約の場合は必要ありません)

お客様情報、ご利用料金のお支払方法、請求先情報をそれぞれ入力する

本人確認書類のアップロード

特に問題がなければ以上で契約は完了となります。はじめて契約する方でも悩む場所は特にないと思います。あとは送られてきたSIMを受け取って説明書どおりに設定を済ませればインターネットに繋ぐことができます。簡単ですね。

まとめ

さてUQモバイルについていろいろと解説してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで一度要点を総ざらいしてみたいと思います。

格安スマホ(格安SIM)の中でトップクラスの通信速度

UQモバイルの最大の特徴はとにかく通信速度が安定して速いこと。この一点だけでもUQモバイルを選ぶ価値があるほどです。一般的なMVNOでは通勤時間帯や昼休みなど回線が混み合う時間帯は急激に速度低下が起こるものですが、UQモバイルはどの時間帯でも大手キャリアと大差ないほどの速度を維持しています。

キャリアメールが使える

オプションですが「○○○○@uqmobile.jp」というメールアドレスがもらえます。Eメールと違い従来のキャリアメールと同じ扱いで使えるので、メールアドレスの問題で大手キャリアから移行できなかった方にもおすすめできます。

公式でテザリングに対応

MVNOによってはテザリングに対応していなかったりオプション扱いだったりしますが、UQモバイルでは公式でテザリングに対応しています。データ無制限プランと合わせると家庭用Wi-Fiの代用としても使うことができ、大幅な通信料の節約になります。

iPhoneをセット購入することができる

格安スマホ(格安SIM)でセット購入できる端末はほとんどがAndroid端末なのですが、UQモバイルでは旧型となりますがiPhone 5Sをセット購入することができます。セット購入すると2年間月額料金が1,400円割り引きされるので、旧型でもいいからiPhoneが使いたいという方ならいい選択肢だと思います。

まとめ

UQモバイルは通信速度を重視するなら間違いなくトップクラスのMVNOです。サービス面や価格面を見れば優秀なMVNOは他にもありますが、速度に不安があって大手キャリアから移行できない、または現在他のMVNOを契約しているけど速度に不満がある、といった悩みのあるユーザーにとってうってつけのMVNOがUQモバイルなのです。

このページの先頭へ